アメリカ滞在10年間のサバイバル日記

アメリカと英語に魅せられた女性の滞在10年間のサバイバル日記

アメリカのファッション は実際どうなの?日本人のファッションはどう見られている?

アメリカ人はおしゃれじゃない

アメリカではファッションで期待を裏切られる?

 

アメリカって、やっぱり映画の影響なのか、おしゃれな人が多い印象があるんですが、実際にはアメリカ人って、一般的にあまりお洒落じゃないんですね。これは日本人にとって、結構ガッカリポイントだったりします。

 

職場での服装も、業種にもよるんでしょうが(金融機関のようなところは別で)、スーツをガチガチに来ている人はあまり見たことはない。

 

男性、女性に関わらず、普通のパンツとかチノパンとか、そういう格好が多いようです。あっさりしたビジネス・カジュアル系が多い印象・・・。

 

ましてや、普段でも、小物のスカーフなどを防寒以外でお洒落に結んでいる人は見たことないですし、普通に歩いている人でも、あまりディテールに凝った服装をしている人は見たことがない

 

ただ、日本と違って、小物でもサングラスは日光から目を守るためといって、運転するときやビーチなどでは、男女とも実用的な意味でしている人が多いですね。

 

アメリカ人女性のファッションは?

 

シンプルな服装のアメリカ人女性_イメージ

 

また、女性は体型の問題もあって、ちょっと、”ぽっちゃり系”も多いし・・・。メークも普段はあまりしないですし、していたとしても、ごくナチュラルなメイクの女性が多いです。

 

全体的に、楽な服装をしていて、日本人ほどファッションにこだわりがないんですね(アメリカ人女性のファッションについては、また後ほど詳しくご紹介します)。

 

アメリカ人のファッション-メンズはどうなの?

 

短パンが似合うアメリカ人男性 イメージ

 

アメリカ人男性は、夏にはもっとカジュアルになり、街などでもショーツ(短パン)にTシャツとか。男性は毛髪の色が茶色だったりで、すね毛が目立たない人が多いから、ショーツが似合うんですよね。これにサンダルを履いたりして、涼しげ・・・。

 

また、ちょっと気取ったパーティー等では違うんでしょうけど、普段は当たり前にジーンズにシャツ、スェットとか。

そんな感じで、一般的な大人の男性は、服装にはあまり気を遣わない人が多い印象でした。

 

私も男性の服装に何度ガッカリさせられたことか・・・。

 

なので、普通の日本人男性のファッションをしていれば、アメリカではおしゃれに見られる位です。

 

アメリカ人男性がしそうなファッション

アメリカ人男性がしそうなファッション例

 

ところで、ちょっと日本人男性にはあまりウケそうにないのが、アメリカでは、秋~冬はチェックのネルシャツを好んで着る人もいましたね(しかもを着る人が多いんです。)

 

また、ファッションとは違う話ですが、あまりファッションに気を使わない代わりなのか知りませんが、乗っている“高級車”とかには力を入れている人は目につきましたね。

 

サンフランシスコはもっとすごい

 

サンフランシスコの女性はラフな服装が多い

サンフランシスコの女性はこの様なラフな服装が多い

また、これも文化の表れで、例えば、カリフォルニアでもサンフランシスコのようなところと、ロサンゼルスのようなところは若干服装も異なっています。

 

どちらかというとサンフランシスコは、1960年代後半のヒッピー文化の影響も少し残っているので、普段は更にラフな格好を好んでする人(ヨレヨレ感のある)も少なくない印象でした。

 

ある若いアメリカ人女性などは、ユーズドのTシャツが街で1ドル(!)で売っていたので、それを今着てるって、楽しそうに話していたのがすごく印象的。

私が、「洗って着たの~?」と言うと、「そうよ、なんなら煮沸(boil)してもいいよ。」と返されましたっけ(笑)。

 

でも正直、アメリカ人(白人)って、髪の色も明るいし、色も透き通るように白いから、あんまり地味にもならず、みすぼらしくもならないのかな~とも思いましたけれどもね、実際の問題として(ちょっとコンプレックス・・・?)。

 

ロサンゼルスは比較的おしゃれな人が多い

 

対して、ロサンゼルスのようなところだと、ハリウッドのセレブの影響か、若干おしゃれな人達が多くなるんですが、現地のアメリカ人の認識でもそうらしく、「LAはサンフランシスコよりお洒落で可愛い子が多い。」と言っている男子がいましたね。

 

ロスに行くと可愛くなれるよ、って。

 

そういったわけで、実際に私がロスに引っ越して見た所によると、ビビッドなカラーの、おしゃれで、ヒラヒラした女子っぽいワンピースを着ているセレブみたいな人もたまに見かけたりして、やはりサンフランシスコとは違うなという印象でしたね。

 

サンフランシスコでそういう格好をすると、やっぱり変に目立ってしまうかもしれません。挙動不審の男性からタッチされたり、余計な注目を浴びてしまいそう・・・(一度、実際にそういう嫌な経験もありました。)

 

アメリカ人から日本人の服装を見ると・・・?

 

ピッタリしたジーンズを着る アメリカ人女性のファッション イメージ

 

面白かったのが、現地で日本人の服装に対する正直な感想を、知り合いのアメリカ人女性から聞く機会があったこと・・・。日本人って、外国の人からどう思われるのか、何気に気になりますよね。実際、そんなにしょっちゅう聞くことはないし。

 

そんな感じで、サンフランシスコにいたときに、有名な劇場のアート関係の仕事をしているアメリカ人(女性)と話したのですが、その人が講演の仕事で日本に出張した時の感想を聞いた話。

 

何を言っていたかというと、アメリカ人から見ても、「日本人の服装に対する気の遣い方は、ちょっと特別ね。」と。

 

例えばロックンローラーでもないのに、ロックな格好をしていたり、ほとんど“コスプレ”化しているね~服装ってライフスタイルに合わせてするものじゃないの~?、と、ちょっと戸惑った感じで語っていましたね。

 

私も聞いて『なるほど~』と納得したんですが、確かに日本人の服装って、すごく凝っていて、そういう風に見える人もいますよね。ゴスロリとか、まさに。

 

他にもアメリカ人男性の意見も聞いたんですが、日本のすごく流行っている服装なんかは、「セクシーだったり、可愛いからいい。」と目の保養にしていたようでした。

 

アメリカ人は流行には鈍感?

 

そんな感じで、日本ではまあ、ここ最近は、日本もユニクロなどのカジュアルファッションの方が台頭してきて、シンプルな服が好まれるようになってきて、アメリカのファッションに近づいてきている感はあるかもしれませんが・・・。

 

それでも、ティアードスカートが流行れば、街ではティアードスカートを着ている人ばかり、短い丈のスカートが流行れば、ミニスカートを着た女子で街があふれる等ということはありますよね。

 

日本人はそんな感じで流行に敏感で、どちらかというとトレンドに合ったおしゃれなものを着ていたほうが、何となく安心というのがありますが、アメリカ人は、ロサンゼルスあたりの、一部の特にファッションに敏感な人達を除いては、それほど流行も気にせず、自分が着ていて楽だったり、好きな服装をする人が多い印象です。

 

日本では可愛らしさ・アメリカでは?

 

また、アメリカ人女性のファッションって、シンプルだけど、ちょっとセクシーな感じの服装をする人も多かったですね。

 

一方で、日本のファッションは、どちらかというと繊細なレースやリボンが付いた、大人でもちょっと可愛いさが感じられたり、少女っぽいものが人気がありますよね。

 

そんな感じで、日本ではどちらかというと、あまりむき出しなセクシーさは好まれないですが、アメリカ人女性は、年齢相応の大人の落ち着きやセクシーさを求められることもあるようで、そういう文化の違いが、ファッションにもハッキリ表れています。

 

アメリカで見かけるキュートだけどセクシーな服

画像引用元:Betsy Johnson公式サイト 

https://betseyjohnson.com/

 

上の写真のように、アメリカでも、ちょっと遊び心のあるキュートな服を売っていることもありますが、胸元が開いていたり、強調されていたりして、日本では出番が少なくなりそうな服が多く、やっぱり違うな~という感じがしましたね。

 

多分、クラブに出かけたり、デート で夜、食事に出かけたりするためのファッションなんですよね。

 

ところで話は全く変わりますが、ここで大事なお話を・・・。

 

日本人って、アメリカ現地でも比較的おしゃれな服装をする人が多いんですが、ほとんどのアメリカ人ってお手洗いの使い方が違っていて、実は外出先でお手洗いに入る時には便座に座らず、中腰でおトイレを使うのが習慣なんですね。これは私もビックリした事なんですけどね。

 

大学などでは、便座シートは備え付けのものがあったりするのですが、時々便座自体が綺麗でないことが多く、そのまま便座シートを設置するのがイヤで、自分で便座を綺麗に拭いてから、便座シートを設置する事が多いんです(あちらは便座の高さも高いですので、小柄な人には中腰は難しいです)。

 

なので、せっかく素敵な格好をしていても、お手洗いで不快になったらイヤですし、代替品があちらで見つかるまでは、下記のような携帯用の便座除菌シートを手荷物として持っていくか、日本から送る荷物に多めに入れておいた方が絶対に良いと思います。

 

デートでの服装などTPOがハッキリのアメリカ人 

 

また、話は戻りますが、1つ忘れてはいけないのが、アメリカ人は合理的というか、TPO的なことでも、ちょっと日本人と違います。

 

普段はカジュアルで動きやすい格好なのに、ちゃんとしたパーティーやちょっと高級なレストランにデートなどに出かけるときは 、バッチリメークしてキレイめのワンピースを来たり、TPOが凄くハッキリしている印象。

 

日本人は、もっとその境界線が曖昧な気がしますね。

 

アメリカ留学での服装は?

 

そんな感じで、日本人はオシャレな人が多いので、留学の際の服装も迷われることと思いますが、あちらは、学校ではやはりジーンズのようなカジュアルな服装が鉄板ですね。

T-シャツにパンツなど、動きやすい服装があちらでは好まれるようです。夏には短パンの人もいますよ。

 

大学院留学だと、アメリカ人の会社帰りの人もいるので、もうちょっとビジネスカジュアル的な服装の人も多くなります。

 

また、アメリカでの通学でのバッグなどについても、迷われることと思いますが、おしゃれな日本人は、バッグ選びも手を抜きたくないですよね。

 

実際、アメリカに着いてから通学用のバッグを買おうにも、どこに何が売ってあるかも暫くは分からないですし、色々と忙しくなるので、日本で好みのものを是非買って行ったほうがよいと思います。


アメリカの大学には、1冊3cm以上もある厚さの教科書を、何冊も持っていく事が多いですし、大学にはお弁当も持っていく事もあるので、下記のリュックのような背中にしっかりしたクッションが入った、大容量のリュックが重宝します(アマゾンから探しています)。

 

できれば、あまり山登り風でないものがよいですね。¥2,000~¥3,000ほどでよいものがあります。

 

 

こちらも素敵です。

 

こちらはもっと、シンプルなもの・・・。

 

色については、私の経験上、どんな服やシチュエーションにも合わせやすい、黒やネイビーなどで、デザインもスマートなものが、よいと思います。アマゾンでの評価も高いので、通学用バッグに是非おすすめしたいです。

 

また、話は戻りますが、アメリカでのファッションは、全体的にあまり服装には気を使わないでよいのが、良いところでもあります(日本では、あまりにも小綺麗すぎて、ちょっと疲れるときもありますよね。)

 

最後に

 

まあ、両国を比較して思ったのが、私の場合は、今はコロナの流行もあって、あまり服装には気を遣わないフェーズに入っていますが、服装なんてそれぞれの文化で違うので、コスプレであろうが、凝りすぎていようが、綺麗すぎる服装であろうが、クロスドレッサー(!?)であろうが・・・。

 

楽しめるんだったら、絶対、楽しんだほうが勝ちですよね~。他国の人は気にしなくていいと思えるかな、今では。

 

最後に、話はまったく変わりますが、まだまだ寒いのでこちらを・・・。

 

アメリカのファッションと言えば、私も探していた、今をときめくインフルエンサーの小豆さんも紹介している話題のフェイクストッキング(フェイクタイツともいう)で、信頼のタイツブランドのアツギ製が、やっとみつかりました。

 

裏にベージュの糸が縫い込まれています。

 

フェイクストッキングなので、タイツなのにストッキングを履いているみたいに見え、生地は厚いのにゴワゴワにならないし、生足みたいなスッキリ足に見えるスゴイ(!)タイツなので、きっとアメリカでもスタイリッシュに見えると思います。

 

こちらは80デニール

 

[アツギ] タイツ フェイクタイツ 80デニールタイツ (見た目は40デニール程度) FP1008 レディース ペ-ルベ-ジュ L~LL

 

[アツギ] タイツ フェイクタイツ 80デニールタイツ (見た目は40デニール程度) FP1008 レディース ディープベージュ M~L

 

[アツギ] タイツ フェイクタイツ 80デニールタイツ (見た目は40デニール程度) FP1008 レディース ペ-ルベ-ジュ L~LL

 

また、アメリカでも、日本でも、寒い地域でミニスカート着用の場合は、下記のような160デニールでも厚くみえず、ストッキング感もある、中がふんわり温かいこちらのタイツがおすすめです。

 

[アツギ] タイツ フェイクタイツダブルニット 160デニールタイツ(毛布に包まれているようなあたたかさ) TL2016 レディース ペ-ルベ-ジュ L~LL

 

[アツギ] タイツ フェイクタイツダブルニット 160デニールタイツ(毛布に包まれているようなあたたかさ) TL2016 レディース ディープベージュ M~L

 

[アツギ] タイツ フェイクタイツダブルニット 160デニールタイツ(毛布に包まれているようなあたたかさ) TL2016 レディース ペ-ルベ-ジュ L~LL

 

では、話は戻りますが、冬の間はこんなタイツなどであったかく過ごされ、将来アメリカで、日本との服装の違いも体験してくださいね!

 

 あわせて読みたい

surviving-usa.com