アメリカ滞在10年間のサバイバル日記

アメリカと英語に魅せられた女性の滞在10年間のサバイバル日記

アメリカ人とのデート-服装・場所は? 割り勘にする?気をつけたい事など

アメリカ人とのデート

 

 

デートの仕方って、ぶっちゃけ、あまりマニュアルって無いですよね。

なので、私的には、アメリカではまずは“友達”という姿勢で異性とは会うことが多かったですね。

 

さて、今からアメリカ人とのデート(特に初期の段階の)について気になるポイントから見ていきます。

 

デートはどちらが誘う?デートの場所は?

 

早速ですが、アメリカでも、デートはだいたいにして男性の方から誘ってくる事が多い印象です。

男性の方がデート案を提案してくれたりして、電話等で前もって話し合う事が多いです。

 

また、既に暫く知り合いの人だったら、女性からでも、気になるイベント等に誘ったりもしやすいですよね。

 

一般的に、待ち合わせの場所については、男性が自ら女性の近くに会いに来てくれたり、女性にとってアクセスの良い場所をちゃんと選んでくれる人が紳士的で良い人かなという印象です。

 

デートでの服装・メーク

 

素敵な人とのデートといえば、女性が気になるのが、やはりおしゃれ、服装ですよね。

 

アメリカでは、あらたまったディナーなどで格式の高いレストランに行くとき以外は、男女ともに、だいたい楽で過ごしやすいカジュアルな服装でデートに行くことが多いです。

 

男性もジーンズでくる人が多いですし、女性ですとジーンズに綺麗めのトップスなどで良いと思います。

 

メークも、アメリカではあまり凝らない人が多く、していてもごくナチュラルなものが一般的です。

 

デートでは何をする

 

これも、その相手や交際期間などによって様々で、軽くお茶をして、景色の良い所を見に言ったりすることもあれば、ランチやディナーに行ったり、映画やイベントに行ったり、話題のスポットを見に行ったり・・・。

 

恋人関係になる可能性のあるデートの相手でも、通常の友達と楽しみ方は同じですよね。

 

気軽に会話を楽しんで一緒に過ごし、気が合う人か、価値観の合う人か見定める機会にもなります。

 

デートでは誰が払う-割り勘はどう?

 

さて、私がいつもちょっと考えるのが面倒だな~と思っていたのがこの部分。一般的に、アメリカでは男女平等って言っても、なぜかデートでの支払いは男性がしてくれた方がナイスと思うのは、私だけではないと思います。

 

それにデートの誘いをするのは、大抵誘うガッツのある男性側だし、デートでは誘うほうが大体支払うという暗黙の了解があるとも聞いています。

 

特に初めてのデートでは、大体において男性側がお勘定を持って、「I'll take care of it(私がします、支払います).」 とか、「It’s on me(私のおごりです).」と言って支払ってくれる印象です。

 

アメリカでは男女平等がコンセンサスといっても、レディファースト的な考えは間違いなく残っていますし、男性がデートで支払いをしぶってしまう姿は、(大変悪いけど)ちょっと“残念”に見えてしまうのは、否定できないですよね。

 

支払いは適度にフェアーに

 

とはいっても、そこで気をつけた方が良いのが、結構気の合う関係になって、度々デートに出かけるようになると、やっぱり“人として”、女性の方も支払う姿勢でいた方が感じ良いですよね。

 

相手が「支払わなくてよいですよ。」と言っても、支払いの際はお財布は出していたほうがいいし、また、次回は自分で払うようにするとか・・・。

 

例え、どんなにリッチな人だったとしても、それを“当たり前”と思われてしまうのはやはり抵抗があるってものでしょう。

 

また、毎回、デートのときの食事代など、「支払わなくてもいいよ。」と言ってくれる男性もいますが、そういう人にも、例えば、どこかのイベントに出かけるようだったら、たまにはチケットは男性の分も支払ってあげたほうがフェアーだし、相手からもその思いやりの気持ちはくみとって貰えます。

 

これもあまり、日本と変わりませんよね。

 

surviving-usa.com

 

デートで気をつけたい事

 

それから、これは重要なことだと思うのですが、アメリカでのデートで気をつけたいのが、あまり良く知らない相手や、知り合って間もない相手と人気(ひとけ)の無い場所に行ってしまうこと。

 

これも人によりますが、親密でもないのに、そういう場所に誘いたがる男性は、やはり要注意。デートの途中で「車に乗りませんか?」と言われても、それも密室になるので、できればやめたほうが良いです。

 

こういう事も日本と同じだと思いますが、極端に変な相手だと、危うく事件に巻き込まれることもありますし、勝手の分からない外国にいれば尚更ですよね。

 

それに、そもそもそういう男性は、誘った相手を火遊び相手位にしか思っていない人が多いので、デートに出かける価値のない人(貴方にとって)である事が多く、きっぱり断って正解です。ちなみに、本件は友人であったアメリカ人や現地に移民している女性にも確認済みです(笑)。

 

どちらかというと草食系も珍しくない日本人と比較して、アメリカはやはりセクシャルな事にもオープンな人が多いですし、エネルギッシュで大胆なので、“スキあらば”という行動が日本人より多いようです。

 

但し、好ましい相手で、どんな人か分かっている段階であれば、自分で納得してプライベートな空間で会ってしまうのも悪くはないと思います。身の安全さえ担保しておけば、その後の “デートの戦略”については人それぞれですよね(笑)。

 

では、アメリカでは安全に気をつけて、楽しいデートを過ごしてくださいね!