アメリカ滞在10年間のサバイバル日記

アメリカと英語に魅せられた女性の滞在10年間のサバイバル日記

英語リスニングのコツは? 楽しく身につけるには

英語のリスニングをする男性

 

 

英会話はある程度できるようになったが、長文リスニングが苦手! 映画やインタビューを早く原語で聞けるようになりたい!

でも、何とかレベルアップしようと長文リスニング問題などを延々と練習するも、面白くないし、忍耐が続かない・・・。

 

そんなお悩みがある人は、実際に英語上級者がどのようにリスニング力を磨いていったのか、本当に秘訣やコツがあれば、是非聞いてみたいですよね。

 

実は私も本来あまり勉強が好きではなく、英語のリスニングが苦手だった時期があります。

 

英文科卒で、その頃英会話も日常会話程度はできましたし、読み書きもできていました。ですが、長いリスニングになると・・・。

聞き取れない英単語が気になってしまい、なかなか学習が捗らない毎日。また、たまに出席したパーティーでは外国人同士の会話は速くて容赦ないですし、内容が難しすぎてついていけず撃沈・・・。

 

それでは一体、どんなコツを身に着けたり、勉強法を実行したら良いのか?

当時、私自身も知らなかった英語リスニングの攻略法を、失敗談も含めて分かりやすくお伝えしたいと思います。

 

英語に慣れていない人がリスニングを上達させるには?

 

英語と日本語には周波数の違いがあるので聞く量を増やす

 

最近、英語関係者の間でほぼ通説になりつつあるのが、英語と日本語の周波数(※)に違いがあるということで、その違いにより、母国語でない英語の聞き取りが難しいんだ

ということ。人間の耳(脳)は、最も頻繁に使っている言語の周波数にチューニングするようになり、それ以外の周波数の言語を雑音として受け取るのだそうです。

 

そういえば、私が長期のアメリカ滞在後(そのお話はまた次回ですね)、日本に帰国してまもなく働き始めた職場でのエピソード。

先輩社員からいきなり話しかけられ、日本語の聞き取りがよくできなかった経験があります。「〇〇~! 〇〇~!」と、用件をゆっくりとはっきりと、まるで外国人に話すように叫ばれてしまう。自分でも母国語がまさかの聞き取れない状態になってしまっていたのです。

 

「日本語は囁くように発音するから~」と当時は思っていましたが、実はその「周波数の違い」がそもそもの原因だったのかもしれません。

日本人が英語のリスニングを上達させるのには、単に英語力が足りないというよりも、まず、英語に耳を慣れさせることが大切なんですね。

 

※: 1秒間における空気の振動の速さを表し、高い数値ほど高い音となる。ちなみに英語 (アメリカ英語を含む)は750~12,000 Hz、日本語は125~1,500 Hzとのこと。

 

英語脳へと導く、おすすめの無料アプリなら・・・あわせてよみたい↓

surviving-usa.com

 

英語にはリエゾン(音のリンク)があることを理解する

 

英語リスニング中級レベルの人が、英語のリスニングを本格的に上達させたいと思い、例えば、有名人のインタビューなどの少々ハイレベルのリスニングを開始すると、部分的にまったく聞こえないフレーズが出てきたりします。リスニング後、確認のため日本語の解説文を見ると、“知っている英単語なのに聞こえていなかった!”という部分が頻出していたりします。

 

例えば簡単な英文をあげると、

 

I want to come to pick you up tomorrow. (明日あなたを迎えに来たいです。)

 

英語では、wantとtoの部分の音がリンクして(リエゾンといいます)→wanna(ウォナ)、pickとyouの音がリンクして→pickyou(ピッキュー)と発音されます。

 

このような音のリンクによる発音の変化も含めて学習しないと、英単語ベースで発音を理解していても実際の文脈では理解できないということがでてきます。

 

私自身は当時、映画やハリウッドスターが好きで、渡米前はEnglish Journal(イングリッシュジャーナル)のスターのインタビュー記事をリスニングの勉強に使っていました。

 

英語中級レベルのその頃は、日本語の解説無しでのリスニングが難しく、毎回ひどくがっかりしていたのを覚えています。今振り返ると、自分自身が自然な英語に慣れていなかったということもありますが、この音のリンク(リエゾン)に集中したリスニング訓練ができていなかったことが原因の1つかと思われます。

 

また、「R」や「TH」の発音に代表される日本語にない英語の発音も、日本人のリスニングをしづらくしているのは皆さんご存知の通りですね。

 

英単語1つ1つでなく、フレーズで聞く

 

先程の英語の音のリンクと同様、英単語1つ1つにこだわって、訳しながら聞く感覚でいると、英語のスピードに合わせて文脈を理解するのが難しくなります。初めは慣れないかもしれませんが、英語は敢えて頭の中で翻訳せず、徐々に英語のフレーズをまとまりで捉えて聞くようにするとリスニングがしやすくなります。また、日頃から様々な英語表現・フレーズに触れておき、習得しておくのも良いですね。

 

単語力が足りていないときは語彙力アップ

 

知らない単語は何度聞いても聞けないですよね。知らない単語は、脳が単語と認識できないので聞き取りが難しくなります。文脈に知らない単語ばかりが出てきて、聞くことに集中できない状態ですと、リスニングというよりも、そもそも語彙力が足りていなかったということも十分ありえます。

 

語彙力不足に気づいた時点で、リスニングと並行して、単語力のアップにも力を入れていくことが大切です。ちなみに英語検定でいうと、英検1級では、英検2級の約2~3倍程度の語彙力が求められるということが一般的に言われています。

 

英語の中級ともなると英語を上手に話せる人は多くなり、会話に自信があれば、対外国人とのコミュニケーションもそれ程難しくなくなります。そうすると総合的な英語力が自分にはあると思い込んでしまいます。結果的にそれが、英語上級レベルに近づくことを阻むことに成りかねないので注意が必要です。

 

では、上記の中で心あたりがあるところについて、集中してトレーニングを積んだら、リスニング力は格段にアップすること、間違いなしです!

 

諦めずに続けていけば、そのうち「あれ? 最近良く分かるようになったな!」という瞬間が、必ず訪れますよ。

 

 あわせてよみたい↓

surviving-usa.com